HOME>アーカイブ>怖がらせない治療が人気!歯医者を苦手にさせないために

怖がらせない治療が人気!歯医者を苦手にさせないために

院内

子供のころから歯医者に通うことが大事

歯医者は怖い・痛いというようなイメージが強いのですが、子供の頃から歯医者に通うことで身近に感じられるようになります。また定期健診などを経て「虫歯で痛い思いをしないための治療」も受けられます。

治療

痛みのない治療もある

歯医者では「痛み」が怖いという方も少なくありません。そんな恐怖心を無くしてもらうために、局所麻酔を行った上で治療を行うことがありますし、笑気を使って痛みの感覚を鈍らせて治療を行う場合もあります。

医療器具

子供には恐怖心を与えないようにしよう

歯医者さんは痛いところ、怖いところという共通したイメージがありますが、恐怖心を植え付けてしまうことで子供も歯医者嫌いになってしまいます。子供が始めて歯医者に通うときは、恐怖心を無くす工夫がされた小児歯科へ行くといいです。

歯

虫歯予防にはフッ素塗布が効果的

恐怖心を無くす歯医者へ行くのも大事ですが、その前に治療が必要のない歯を作ることが大事です。歯医者では定期的に歯の検診を行いフッ素塗布を行います。フッ素は虫歯になりにくくする・初期虫歯に対し再石灰化を促す力があります。子供が行ける歯医者でも、虫歯予防してくれるので行ってみるといいでしょう。

予防治療を行うことのメリット

歯型

虫歯を防げる

定期的に予防治療を行うことで、初期虫歯も根治可能です。また、ある程度進行を止めることができます。

歯を白いままで保ち続けられる

加齢や疾患による歯の黄変も防げます。歯を白いまま、健康のままで保ちつづけられます。

歯医者は痛いところという固定観念が無くなる

予防治療は削るというような痛みや恐怖を覚える治療はしません。そのため歯医者は痛いところ・怖いところというような固定観念が薄れていきます。

歯の健康を長期的に把握してもらえる

かかりつけ歯科医のもとで歯科治療を行うことで、歯の健康を長期的に把握してもらえます。

虫歯治療等の医療費を減らせる

虫歯や抜歯にかかる治療費は健康保険適用になりますが、一部治療は保険対象外の自由診療になることもあります。予防歯科に通えば医療費を減らせます。

何もなくても歯医者に行こう!

「歯の痛みがないから縁がない」という状態では意識の低さがうかがわれます。実は口の中は大丈夫という場合でも歯周病菌が蔓延していたり、数多くの初期虫歯が存在している可能性もありますので、痛みがない今だからこそ歯医者に行きましょう。

一般歯科と審美歯科の違いとは

一般歯科

一般歯科は歯周病や虫歯治療といった口腔衛生や歯科疾患に関する治療を行います。

審美歯科

審美歯科は、いわゆる美容整形の歯科版です。見た目を良くする・歯の色を白くすると言った「美しさ」を追求するための歯科医です。

審美歯科メインの歯医者もある

歯医者の中には、全て自由診療といった審美歯科メインで開業している方もいます。見た目の美しさを提供するために、さまざまな施術を提案し、施術を行います。