歯の健康を守るためには

歯の健康を守るために、定期的に歯科医院へ出掛け、定期検査や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。歯科は、虫歯治療やホワイトニングを受けられますが、それ以外の目的でも受診できるのです。

綺麗な歯を保つために読んで欲しい記事

歯型

歯の矯正について

歯の矯正にはさまざまな方法がありますが、このところでは目立たない矯正器具も人気です。そのため、ここでは矯正に関することをご紹介いたします。

詳細へ
院内

幼いころから歯医者は大切

予防歯科や小児歯科に関することをご紹介しています。幼少期から歯科医院へ通うことの大切さがわかることでしょう。

詳細へ

かかりつけの歯科を持とう

かかりつけの歯医者を持つことで、歯の健康管理を二人三脚で進めることができます。また、歯を失った、歯並びが悪いなどの悩みを持っている場合は大掛かりな治療が必要となります。ですから、より信頼できる歯医者を持たないといけないのです。インプラントの治療の場合も同じなため、これから治療を受けるのなら自分がまずインプラントを受けたほうがいいのか見極めて、医師のもとへ行き相談をしましょう。

インプラントに向いている人の特徴

男の人

入れ歯が嫌だと感じる方

入れ歯のケアが苦手という方や、噛み心地を取り戻したいという方にインプラントをおすすめします。入れ歯特有のニオイも減ります。

残存歯を守りたいという方

今残っている歯を使いたい、守りたいという方はインプラントが最適です。入れ歯が原因で歯周病になった方にもおすすめしたい方法です。

歯を食いしばることで力が必要になる方

噛み合わせがなく、歯がくいしばれないという方もいます。スポーツ選手などで力が必要になる方はインプラントで自然な噛み合わせができるようにしておくといいです。

あごの骨に異常がない方

インプラントはあごの骨に直接ソケットを埋め込みます。上あご・下あご共にあごの骨に異常がない方はインプラントを行うことも可能です。

何よりも自然に近い見た目を求める方

入れ歯は経年劣化により変色が目立ちますし、違和感も発生します。インプラントは自然に近い人工歯を埋め込みますので、見た目も自然です。

歯を失くした方への治療も可能な歯科がある

院内

インプラントとはどんなもの?

インプラントとは、あごの骨に歯の基礎となる土台を埋め込み、人工歯を取りつける方法を指しています。自分の歯のように噛み心地を取り戻すことができますし、見た目を気にする方にもおすすめできます。骨に異常のない方であれば年齢を問わず施術可能です。

インプラント

インプラントの利点とは

自分の歯と同じように取り扱うことができます。見た目も自然ですし、インプラントによって美しい歯並びを手に入れることもできます。インプラント施術も短期間で済みますので、長期にわたる治療が苦手な方でも安心です。

治療

特別な手入れも不要

入れ歯のように毎日洗浄や消毒をする必要がありません。歯磨きやうがいの他、定期健診といった最低限の口腔ケアは必要ですが、特別な手入れは不要です。歯周病の原因になりやすい入れ歯のケアが苦手な方にもおすすめの施術です。

インプラントの疑問に答えます!

インプラント

インプラントが禁忌の方は?

喫煙習慣がある方や、骨粗鬆症の治療中の方、血液や心臓疾患を持っている方などはインプラント施術ができません。

手術は難しいですか?

骨に金属を埋め込む施術となりますので、医師の知識や経験が必要です。臨床数が多い医師のもとで手術を受けることをおすすめしています。

費用はどの位?

1本のインプラント手術に対して、50万円程度の費用がかかります。しかし、インプラント手術は自由診療となりますので健康保険は使えません。

副作用はありますか?

副作用はほぼないと考えることができますが、手術後に骨の細胞が組織を作らない、ソケットが副鼻腔を突き破ったというようないわゆる失敗症例があります。

どんな歯医者でもできますか?

歯医者でインプラントも取り扱っているなら、インプラント施術が可能です、ただし、充実した設備がないと手術はできません。口腔外科医のなかでも、インプラントの専門医を選びましょう。